俺より凄いやつしかいない。

技術的なことを書いていきたい。

BacklogからSlackへの更新通知を超簡単に実現する

はじめに

タイトル通りBacklogの更新を超簡単にSlackに通知する方法です。

「Backlog Slack」で検索すると、サーバー使ったりIFTTTlambdazapierなどの記事が出てきますが、 サーバー使うほどでもないし、lambdaで作るのもだるいし、IFTTTzapierとかに大事な情報を垂れ流すリスクもあるので、一番シンプルな方法を考えました。

多分全部で5分ぐらいでできるんじゃないかな。

実際のキャプチャ

スマホでみるとこんな感じ。 f:id:cyamax:20180627235754p:plain

手順

手順は簡単3ステップ。

1. Backlogのビューアーアカウントを作成してプロジェクトに追加

BacklogにSlack側からBacklogの情報を見るためのビューアーアカウントを作成します。

Baclogの権限にはビューアー以外にゲストビューアーもありますが、 ゲストビューアーではチケットの詳細な変更内容が見れないため、それでも良ければそちらを選択してください。

ユーザ権限について|その他の設定|Backlogスタートアップガイド

2. BacklogのRSSのURLをコピー

更新情報を取りたいプロジェクトを開き、URLをコピーします。 f:id:cyamax:20180627232432p:plain

3. Slackにfeedを登録

SlackにはデフォルトでRSSを読む機能があるので、それを有効活用します。
更新情報を流したいチャンネルで
/feed subscribe コピーしたURLを入力します。

ただし、これだとBacklogのアカウント情報がないので、URL内にログイン情報を入力します。
/feed subscribe https://ビューアーアカウント:パスワード@自分のスペース名.backlog.com/rss/プロジェクト名

  • 入力例:
    /feed subscribe https://hoge:password@pepepe.backlog.com/rss/test

ちなみにfeedのリスト確認は/feed list
削除は/feed remove [IDナンバー]でできます。

注意

feedのところにユーザ名とパスワードがそのまま書かれているので、
Slackで/feed listを打つと他人もアカウントの情報が見えてしまいます。
なので、この設定をするときは鍵付きのチャンネルにするか、信頼できる人だけのメンバーで同意を取ってやりましょう。